2020年10月2日 開業

佳ら久の過ごし方 ストーリー#03

佳ら久の過ごし方
ストーリー#03

恋人夫婦の
特別な記念日

写真はイメージです

旧知のディンクスカップル。それぞれの仕事に邁進してきたふたりが過ごす、結婚記念日や誕生日など、特別な記念日に華を添える。

  • カップル
  • 夫婦
  • 貸切風呂
  • グリルレストラン
  • 森のテラス
心が解放される「佳ら久」の非日常

16:00

心が解放される
「佳ら久」の非日常

チェックインを済ませ、客室の素晴らしさに声を上げる妻を誘って、さっそく館内の散策へ出かける。まずは、ゲストラウンジ間(あわい)から直接アクセスできる森のテラスへ。緑がいつもより眩しく感じるのは、心が解放されているからだろうか。もうひとつの水のテラスへも足を伸ばす。ヒメシャラの樹木が出迎える、水に囲まれた石版の上を歩けば、昨日までの日常が遠く感じる。ゆっくり散歩がしたかったという妻の希望通りだ。

まるで天然の露天風呂にいるかのような風情

18:00

まるで天然の露天風呂に
いるかのような風情

久しぶりに見る妻の浴衣姿。その手を引いて、予約しておいた貸切風呂「岩の湯」へと向かう。箱根・強羅の岩がふんだんにあしらわれた内風呂は、プライベートの外庭の景色と一体化して、まるで天然の露天風呂にいるかのような風情。暑がりの妻は、時々湯から上がっては、外庭でのんびりと涼んでいる。これなら長風呂の僕にも無理なく付き合えていい。そして、ふたりきりの入浴は特別な今日にぴったりだ。

誕生日のディナーはふたりの空間を大事に

19:30

誕生日のディナーは
ふたりの空間を大事に

誕生日の妻とのディナーは、肉好きの僕にも、魚介と野菜が好きな妻にも、どちらも満足できる「十邑」へ。中央にしつらえられた大きな鉄板カウンターでは、シェフたちの鮮やかな妙技が見える。でも今日は、ふたりの空間を大事にしたかったから、半個室の席をお願いした。ソムリエに頼んだ誕生日のワインは素晴らしく、会話も弾む。別館最上階にあるここからは、明星ヶ岳と大文字が見渡せる。景色も食事には重要なファクターだ。

身体がゆっくりと目を覚ます、朝食前の贅沢なひととき

07:00

身体がゆっくりと目を覚ます、
朝食前の贅沢なひととき

昨日、妻がいたく気に入った森のテラスへ。ゲストラウンジで淹れたてのコーヒーをもらい、そのままテラスの下段へ出る。そこからさらに上段のテラスへ上がれば、遮るもののない強羅の大自然が目の前に広がる。居心地のよいカウンター席でコーヒーをゆっくりと飲む。身体がゆっくりと目を覚ます、朝食前の贅沢なひととき。

  • もう一つのテラス

    もう一つのテラス

    水のテラス

    清らかな水が張り巡らされたシグネチャーテラス。石板の上を歩きながら、水面に映しだされた美しい情景や月光を眺めることができます。夕刻から始まる光の演出によって、よりいっそう幻想的な雰囲気に。